「自分」というストッパーから解放(音楽療法CD使用)

依存症・中毒症解消プログラム「ストップ・アディクション」CD
(約19,000の暗示メッセージ入り)を使用し、
「自分」というストッパーから解放のトリートメントを行います。

 

この「ストップ・アディクション」CDの説明
このCDは、宇宙の響き(God Sound Tune)と言われる特殊音源を使用して
無理なく潜在意識にアプローチし、「慢性的苦痛に伴う態度15段階」の中でも
特に「依存症・中毒症的な不適切なパターン」を終わらせる事に役立ちます。

 

モーツァルト+超倍速暗示の融合

モーツァルトの楽曲は健康・教育において著しい効果があるということは
科学的に理解されています。MOZART GSTの特殊音源はモーツァルトに
超倍速暗示メッセージを掛け合わせたもので、モーツァルトに豊富に含ま
れる高周波の倍音と揺らぎ成分によって、

〇自律神経を副交感神経優位(リラックス状態)に切り替え、
〇脳波をアルファ波、シータ波(リラックス状態)に移行させ、
〇超倍速暗示メッセージで無意識、細胞に働きかけて改善を促す

このような効果が期待できる音源です。
かけ流すだけで無意識の中枢である自律神経やホルモンバランスが整い、
悪い感情や過去から蓄積してきたネガティブな想念をデトックスすることが期待できます。

 

超倍速暗示メッセージ(約19,000)について

一般的には速聴と呼ばれていて、能力開発に取り入れられているものです。
通常音を2倍速、3倍速にすると聞き取りにくくなり、脳が頑張って聞き取ろうとして
脳神経細胞が活性し、神経ネットワークの連携が強化されることがわかっています。
3.9倍速以上の音は、無意識にイメージとして入ると考えられています。

使用されている特殊音源は、通常の音を超倍速化したものです(暗示メッセージ)
(心地よいモーツァルトの音楽の裏に、波の音のような倍速音が入っています)
特殊音源のメッセージはエミール・クーエの暗示集を参考に作成されています。

特定の効果を得るために大量に任意の情報を浴びることで無意識に蓄積されてきた
ネガティブな想念がデトックスされ、知覚と行動の96%を司るといわれる無意識
のセルフイメージを改善することができると考えられています。
(過飽和入力における心の浄化、デトックス作用)

 

 

音楽療法としてのモーツァルト

モーツァルトの音楽には4000Hz以上の高周波と自然界に多く見られる揺らぎのリズムが豊富に
含まれており、それが自律神経を整え、病気の予防や身体の不調を改善する作用があることが
分かっています。近年注目されている未病予防の分野では、安価で副作用がなく持続可能性が
あり、身体の免疫を正常に保ち、なおかつ、心身の不調を改善する作用がある音楽セラピー
「モーツァルト音楽療法」として科学的に効果が認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です